書評:男のファッション基本講座

シェアする

男のファッション基本講座

評価:☆ すごくまとまってますし、なんとなくわかった気になる効果はあります。が、これだけで実践するのは難しそう・・・。


いわゆる、ありがちなハウツー本です。こういうの、学生のときとか読みましたよ。

全ページカラーで、写真もイラストも豊富。900円。安い。ところどころに、「同業女性の声」など女子視点のコメントが入っていて、モテを意識させているところもうまい。

  1. 徹底「見直し」!毎日のスーツスタイル
    • 華奢な人を男らしく見せる着こなしテクニック
    • 友達の結婚式にはどんなスタイルがベスト?
    • スタイルよく見せる鍵は「パンツ」にあった!
    • あなたの第一印象を決める「Vゾーン」のスタイリング術
  2. 「自分らしい」スーツを楽しもう
    • 「自分らしい」スーツを楽しもう
    • だらしなく見えない「クールビズ」を実践しよう
    • 「小物のスタイリング」もおしゃれにしたい
    • どこを改善すればいい?「プロのスタイリング」で変身!
  3. もう一度確認「カジュアルの基本」
    • 「着やせ」してスマートに見せるスタイリングの基本
    • シルエット別「体型カバー」のポイント
    • 季節感を取り入れて印象的なスタイルに
  4. 印象がガラッと変わる「スタイリングのポイント」
    • 「デートスタイル」は、「きちんと感」が大事!
    • スタイリングの要、「レイヤード」を克服する
    • 「プロのスタイリング」で大人っぽいカジュアルに
  5. 自分でできるケアと洋服事情を知ろう
    • 「洗わなくていい」はウソ!?ジーンズの常識・非常識
    • お気に入りのアイテムを「長持ち」させるテクニック
    • 賢くオシャレになる「ショッピング」の心得

うん、なんか、目次だけ見るとファッションがわかるような気がする。

けど、ホントに初心者というか、ショップに行くのもめんどくさい、という男性には、「ラペルって何だ?」とか「ワンクッションってどういうこと?」みたいなところでもう抵抗感あるんですよね。

だから、自分が学生時代とか新入社員の頃にこれを読んでいたとして、何かが変わったかというと、たぶん何も変わらなかっただろうな、と。

「シルエット別」とかいうけど、自分がどういう体型なのかよくわかってないし(自分ではわかってるつもりだったりする)、この本を読んだ人の典型的な行動って、自分が気に入った着こなし例を見て「この本と同じ服ください」ってお店に行くことなんじゃないかと。

それって、マネキン買いと同じパターンですよね。

マネキン買いとパーソナルスタイリストの違いとは
「わたしファッションに自信がないんです」「オレ何を着たらいいんですかね」という質問に対して「お店のマネキンそのまま買えばいいじゃない...

何カ所か「プロのスタイリング」ってタイトルに入ってくるので、誰かがアドバイスするのかと思いきや、「stylist comment」という枠があるだけで、それが誰なのかがよくわかりません。

やっぱり、実践あるのみで、こういう本を読んだら、お店で試着を繰り返して、失敗も繰り返して、ってやらないといけないでしょうね。そして、できればオシャレな友達と店に行ったりしつつ、会話しつつ、信頼できるお店と店員さんをみつけていく、という。

めんどくさ、と思ったら、パーソナルスタイリストさんと一緒に買い物に行っちゃうのが早いです。

中古がアマゾンで安く買えます。

書評:男のファッション基本講座
パーソナルスタイリスト比較ナビの最新情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク