コデチケ!

シェアする

コデチケ!

コデチケの特徴

  • ビジネスモデルはデリバリー系風俗と同じ
  • 単価が激安
  • 失敗覚悟。アタリを引いたらラッキー

クラウドソーシング的コーディネーター派遣業

別コラムでも説明していますが、近年この手の、ネットで選んだ人に時間課金で買い物につきあってもらう、というサービスがいくつか出てきています。

実際登録しているのは服飾系の学生さんだったり、ファッション好きのモデルさんだったり、アパレル店員さんだったりで、空き時間をお金に換える手段としてこういうサービスに登録しているという。

時間単価が1000円くらいからと、非常に安いので、もしかしたらこのサイトを見ている方もちょっと気になるかと思いまして、ランキング番外で取り上げさせていただきました。

トップページでわかるように、一時期話題になった「美人時計」とコラボして、美人時計に登録しているモデルさんがコーディネーターとしてリストされているのがウリみたいです。

ビフォーアフター事例

基本、登録している人の自分の写真しか出てきません。

同性の人で、「この服と同じの欲しい!」とかであれば意味あるかも知れませんが、そうでない場合、ただのプロフィール写真です。しかも、その写真さえもなかったりする人がいるので、やる気ないなー・・・という感想しかありません。

体験談でも書きますが、「何をもってその人を選ぶか」という基準がなさ過ぎるので困ります。

服が一式揃うまでに掛かる料金

各コーディネーターさんの時間単価(それこそ0円から10000円くらいまで幅があります)プラス、システム利用料1080〜1620円がかかります。(2015.12.2追記:システム利用料がなくなったそうです。

1時間2,000円の一般のコーディネーターさんに2時間同行してもらうとして、5,080円です。クレジットカードで前払いです(キャンセルになった場合は課金されません)。

体験談(自腹レビュー)

ユーザ登録〜コーディネーター選び

まずサイトに登録しないといけません。Facebook経由してもしなくても登録できますし、Facebookで登録しても、その後本人確認のため確認書類の写真をアップロードしなければならないので、単に入力がちょっとラク、というだけです。

本人確認書類の写真ファイルを会社側で確認するのに1営業日くらいかかります。

いざ、コーディネーターを選ぼうと思ったら、意外と選べない。一般コーディネーター300人以上、美人時計コーディネーター100人以上います。地域と対象年齢、性別で絞っても、関東だったら数十人は残ります。

料金的には、美人野菜コーディネーターは全員2,000円。一般は0円から10,000円まで。価格と提供価値の基準がよくわからない。

そして写真や説明の少なさ。写真が多い人も、自分の写真ばっかり上げているので、異性のユーザは参考にできない。

「キレカジ」「コンサバ」「アメカジ」「モード」などファッションの系統や「デート」「ビジネス」など服装の活用シーンなどをみなさん登録していますが、ファッションに詳しくないこちらとしては、単語の意味がわからないし、みんな「これが得意」ではなく「なんでも出来ます」って感じなので、選べない。

モデル系の人たちがそれなりな格好で、雑誌とかに使われるっぽい写真を上げてますが、これコーディネートしたの自分じゃなさそう。

あと、「♩つきそいコーデできます」「♩♩いい感じコーデできます」「♩♩♩ ばっちりコーデできます」という自己申告のレベルはありますが、実例がないのでホントかどうかわかりません。

つか、「♩つきそいコーデできます」って何だよ。「つきそうけどコーデ期待しないで」って言えよ。

「美人時計コーディネーター」は全員1時間2,000円なので悩まないでいいかな、と思うけど、ホントに全員自分の写真ばっかり・・・。

しょうがないので、「この服装の人と同じ場所にいて違和感がない服が欲しい」というイメージで1名チョイス。

同時に、一般のコーディネーターさんで1時間2,000円の人を探し、アパレル経験ありの人を複数ピックアップ。

コミュニケーションはすべてWebサイトかスマホアプリ上で行います。

依頼の際に、自分の容姿・普段の服装がわかる写真を送り、予算額と希望日、コーディネートの希望などを伝えます。こちらからの希望は「爽やか、だけど学生っぽくしない」カジュアルを2時間で、というもの。

依頼を放置してもおとがめ無しの、ぬるい運営

ここからの対応は、コーディネーターさんごとにまちまちです。美人時計コーディネーターの方に依頼してみましたが、何の返事もありません。サービス仕様として「1週間は待ってね」ということなので待ちましたが、結局放置されたままでした。

運営会社に報告したんですが、「うちで雇用しているわけではないのでなんとも出来ない」という回答。いや、そんな人をリストに載せておいてはいかんでしょう。その後もその方、サイトに掲載され続けています。相当ゆるい運営です。

「サイトには写真が出ているけど、実は出勤(活動)していない」というあたり、まさにデリバリー系風俗感ありありです(゜Д゜)

依頼〜日程調整

気を取り直して、一般の方に連絡。すると、だいたい1日以内にOKなりNGなりの連絡が来ます。なんだ、ちゃんとしてるじゃないですか。

美人時計さんの件で問い合わせたとき、運営会社からは「同時に複数に依頼して、OK出てからキャンセルすると効率いいですよ」というアドバイスが返ってきましたが、それはそれで心苦しいですよね。成約さえすれば運営会社は損しないでしょうけど、コーディネーターさんに失礼。

なので一度に一人ずつ依頼をかけて、2人目(美人時計さん含めて3人目)の方で日程調整できました。この時点で決済実行です。5,080円。

買い物同行

待ち合わせたのは新宿マルイ本店。現役アパレル店員さん(女性)です。職場が新宿三丁目近辺なんだそうです。

「どうします?」と聞かれて「いや、どうしたらいいかを教えて欲しいです。新宿よく知らないですし」

※あらかじめご注意いただきたいんですが、コデチケにおける登録コーディネーターの経験・やる気は大きくばらついているはずなので、今回ご紹介する体験談が、全員に通用する話だと思わないでください。おそらく、この方レベル高い方だと思います。

とりあえずマルイのメンズフロアへ。「爽やかに行くなら、白パンに上半身に青で決まりだと思いますよ」という提案をいただき、まず白パンを探しに行きます。マルイの中ではアバハウスに2-3種類ありました。すると、店員さんが「その白パンに合わせるならこんなTシャツとかどうです?」と、白地のランダムボーダーのシャツを持ってきます。

いまさらながら、エレカジファッションレスキューも専業なので、お店の人が「あ、あの人は○○さんだ」という感じで遠巻きにして、スタイリストとクライアントを見守ってくれるんですが、コデチケだと「彼女か妹に服選びしてもらってる人」にしか見えないので、がんがん声かけられます。

むしろ、付き添っているコーディネーターさん側にグイグイ営業してきます(「女が勧めればコイツ買うだろう」的な・・・)。店員さんが煩わしいと思う人には無理ですね。

白パンのバリエーションをいくつか見たかったんですが、他の店にはなかなかなく、マルイを出ることにして、周囲にあるユニクロ、ZARA、無印良品をまわります。

ユニクロは定番品が常にあるので安心ですが(いちおう試着しました)、他の店は不発。もう一度マルイのアバハウスに戻ります。もうこの時点で1時間以上経ってます。

ちなみに「次に何を見るか」「何と何を揃えるか」といった方針は、クライアント側が主導権を持って決めていかないと、ダラダラと無駄に歩き回ることになりますのでご注意を。

また、試着の際にアドバイスを求めても「どれ着てもお似合いですよー」という、ショップ店員さんのテンションで返ってくるので、あまり参考になりません(この意味で、アパレル経験者も善し悪しです)。

結局アバハウスの白パンの中でいい感じのものを見つけて(サイズは自分で判断)、さっき店員さんから営業されたランダムボーダーのシャツを合わせて購入。

残り時間、ネイビーのシャツと、インナーのバリエーションを出来るだけ探そうということで、マルイの他の店を物色。

レジが混雑して会計待ちをしている間も、コーディネーターさんは他の店をリサーチして、候補を見つけてくれます。これはありがたかった。

ネイビーのシャツに関しても、羽織るか、羽織ったとき腕をまくるかどうか、裾の長さはおかしくないか、プロデューサー巻きするか、みたいな着こなしの確認をしたんですが、例によって「どう着てもお似合いですよー」という感じ(^_^;

そもそもサイズにバリエーションがなかったので、着られるヤツを買いました。

さらにインナーを買い、会計を待っている間に契約の時間終了です。トータル10分近くオーバーしたんですが、コーディネーターさんはあまり気にする様子もなく、それでは、という感じであいさつして別れました。

まとめ

「白パン&ネイビーのシャツ」という組み合わせを提案してもらえたというところと、依頼主の時間を効率化しようと、会計待ちの間に次の店のリサーチをしてもらえた、というところに今回のコーディネーターさんの価値があります。

ここに5,000円の価格をつけるかどうか、というところですが・・・。

本職のスタイリストさんと比べるなら、2万ちょっと払ってもエレカジさんとか頼んだ方が、リスクも少なく効率もいいです。サイズ感とかが自分でわからない人であればなおさらです。

今回も「ショップ店員2人に営業されている」という感覚に陥ったことが何回かありますので、そうなると完全にお金の無駄です。5,000円あればセール時期ならTシャツ数枚買えます。

くりかえしますが、接客のレベルは人によってまちまちだと思うので、この方を基準に判断しないでください。

失敗覚悟で依頼し、いい感じだったら次回から指名する、というのが正しい対応です。(という言い方になるところとかも、やっぱり風俗のビジネスモデルだよなあ・・・)

コデチケへ

→ランキングに戻る

スポンサーリンク
コデチケ!
パーソナルスタイリスト比較ナビの最新情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする