マネキン買いとパーソナルスタイリストの違いとは

シェアする

マネキン

「わたしファッションに自信がないんです」「オレ何を着たらいいんですかね」という質問に対して「お店のマネキンそのまま買えばいいじゃない」っていうアドバイスする人、いますよね。

「マネキン買い最強説」ってけっこう根強くあって、通販サイトで服をまとめ買いする人って、おそらく「マネキン買い」の感覚ですよね。男子向けだとメンズスタイル[menz-style.com]なんかは、客単価を上げようとセット販売に力を入れていたりします。

マネキンって、そのお店の店員さんが、自分の店にあるアイテムを最大限活用して、自分がイケてると思うスタイリングを形にしたものですよね。上記の通販サイトのセット売りも、それなりのスタイリストさんがコーディネートしたものを見せてると思うわけです。

なので、形とか、色とか、素材とかの、「服同士の組み合わせ」は完璧だと思います。その意味で「マネキン買い」で一気に揃えちゃえばラク、という感覚はよく分かります。

が、大きな課題がひとつ。

「おそらくあなたは、九頭身のマネキンでもなければ、白人モデルでもない」という事実です。

汝自身を知れ

特に男性のスタイリングって、サイズ感が8割くらいなんじゃないかと個人的に思うんです。でも、男性が服のサイズを聞かれたときに、「ジャケットはA体の○号、シャツは40の85」とは答えず、「だいたいLサイズ」みたいに答えるということを考えると、男性はほぼ、自分のジャストサイズを認識していないわけです(周りの人に聞いてみてください!)。

そういう人が、「だいたいLサイズなら入るから」と、マネキン買いしてしまうとどうなるか。

通販だったらそのまま届いてしまいますし、店頭で試着したとしても、「まあきつくないからいいか」と、ダボつく服をそのまま買ってしまうことになるでしょう。

人間の身体って一人一人違って、肩幅も、脚の長さも、スリーサイズも、肌の色も、毛の濃さも、それぞれ違うわけです。なのに、下手すると人種から違う人が着ている服をそのまま買えば、同じように見えるはずだっていうのは、無茶すぎませんかと。

優秀なパーソナルスタイリストさんは、マネキンなどを参考にしながらも、「あなた」にフォーカスして、あなたがイケている状態にするべく試着を繰り返し、第三者の視点で評価し、あなたにとって最善の組み合わせを探します。もちろんその分費用は掛かりますが、まとめて買って、まとめて失敗することで無駄にするお金を考えたら安いものではないでしょうか。

つまり、ラクしたいなら、「いまだけラク」なマネキン買いではなく、専門家の知識を身につけて「ずっとラク」な方法を選ぼう、というのがこのサイトのオススメなのです。自分のジャストサイズが分かってくれば、マネキンのアイテムをひとつひとつ吟味するなかで、自分にしっくりくるアイテムが選べるようになるかも知れませんしね。

マネキン買いとパーソナルスタイリストの違いとは
パーソナルスタイリスト比較ナビの最新情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク