バイヤーさんとパーソナルスタイリストの違いとは

シェアする

バイヤーvsパーソナルスタイリスト

百貨店やセレクトショップで、商品の仕入れを担当しているのがバイヤーさん。

ショップ店員さんのところで、「自分の店の商品しか売れない」ということを書きましたが、自分が仕入れに関わっている人であれば、自分が選び抜いた商品をお店に並べることができます。なので、サイズなりセンスなりで自分とピッタリくる仕入れをしてくれる人が見つかれば最高かも知れません。商品自体の魅力を理解して、どういう人に着て欲しい、というイメージも持っているはずです。

とはいえ、大きなお店になればなるほど、仕入担当と販売担当は分業されることが多いはずですし、仕入に関わっている方と店頭で会うのは難しくなるでしょう。

あと、「自分の売りたい服を店に置ける人」と「相手に似合う服をセレクトできる人」は必ずしもイコールではないので、とりあえずはパーソナルスタイリストさんを頼ってセンスを磨いた方がいいのではないでしょうか。

バイヤーさんとパーソナルスタイリストの違いとは
パーソナルスタイリスト比較ナビの最新情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク